看護師の転職はパソナメディカルTOP » アソシアカフェ(AssociaCafe) » VOL.13 アソシアカフェ(AssociaCafe)

Associa Cafe2008.8.1Vol.11
失敗をバネにして アソシア社員の心強いサポートで転職成功!
【氏名】 齋藤祥子(さいとうさちこ)さん
【資格】 保健師、看護師
【前職】 病院にて消化器外科病棟、内科病棟、企業内健康管理室
【現職】 大手旅行会社にて健康管理室業務
【目標】 健康管理室の仕事は、ずっと続けていきたいと思っています。人と接することが多い職についていることもあり、“出会い”を大切にしています。機会があれば、医療に携わる他分野で活躍している人とも、たくさん会ってみたいですね。将来的には個人の方の健康相談だけでなく、セミナーを開けるような力をつけられればと考えています。そのためにも、パソナメディカルで知識と経験の幅を広げたいです。



面接の緊張を和らげるための模擬面接が成功の決め手だった
 私がパソナメディカルに出会ったのは、病院で看護師をしていた時のことです。すでに登録していた同僚からの紹介がきっかけでした。色々な分野の仕事にチャレンジできそうだと感じ、私もお世話になることに決めたのですが、当初は“いつかのために”という程度の気持ちでした。しかし、周りの人から話を聞いてみると、希望していた、企業での保健師業務の求人に強い派遣会社 であると知って、今回、転職を考えはじめたときに利用してみようと思いたったのです。
 もともと就職活動は自分ひとりの力で行うものだ、という固定観念があったので、派遣会社を利用しようという考えは全くありませんでした。ただ、パソナメディカルの担当者から、さまざまな仕事のお話をいただくうち、だんだんと 「 派遣会社を利用した形での仕事探しもひとつの方法なのかな 」 と思うようになりました。実際、パソナメディカルからの紹介がなければ、就職活動自体していなかったかもしれませんしね(笑)。
 今だから明かせるエピソードなのですが、はじめて紹介された会社に面接に行った際、すごく久しぶりだったので緊張してうまく話せなかったのです。案の定、結果は思わしくないものでした。それで、現在の職場へ面接に行く際、パソナメディカルの営業の方に模擬面接の提案をいただきました。
 面接当日の1時間前ぐらいに待ち合わせをして、営業の方を相手に考えを整理しながら話していきました。その成果もあり、本番は緊張せずに臨むことができた上に、無事、内定をいただきました。他にもメールや電話でこまめにフォローしていただいたり、常に情報を提供してくださったりと、アソシアのサポートなしには、今回の転職は成功しなかったと感じています。
病気になる前に予防を 医療現場で見つけた自らの天職
 企業内健康管理室での主な業務は、その名の通り、社員の健康状態を管理することです。年に一度の健康診断を実施した後に、どこか所見のあった方や病院での再検査が必要な方などへの面談やアドバイスをしていきます。簡単にいうと、社員の健康維持をサポートする役目ですね。私自身、病院で看護師として働いていた頃、重病の患者さんに接するうちに、なんとか病気を予防するお手伝いはできないものかと感じていました。そこで、保健師の資格を取り、健康な人はより健康に、早期発見、早期治療のお手伝いができればと考えたのです。
 健康管理のお仕事をしていく上で、信頼関係の重要性を痛感させられる場面が多々あります。企業だと、色々な立場、経歴の人がいて、そういう方々に対して細やかに対応していかなければなりません。そのためには、コミュニケーションをとる機会を増やしていくことが必要になります。ですが、こちらの思いばかりが強すぎて、相手の話を聞くことよりも話すことに夢中になってしまうこともしばしばです。今後は、心のケアなど、保健師求められる役割は広がっていくはずです。これからは、もっとみなさんの話を聞く側に回って、全力でサポートしていくことが目標です。
 以前は、雑務に追われて保健師としての仕事に集中できなかった事もあり、転職を考える際の第一条件は、保健師としての業務が充分に発揮できる職場に移ることでした。今の職場は周りにいるスタッフが私よりも経験のある人ばかりなので、とても勉強になっています。これを機にさらに自分のスキルを伸ばしていければと考えています。
全力でフォローしてくれるから思い切って次のステップに挑戦できる
 面接の際のフォローはもちろんのこと、パソナメディカルのサポートにはいろいろと助けられてきました。たとえば、履歴書や職務経歴書はサンプルを活用させていただきましたし、選考中の企業への連絡もすべてパソナメディカルのスタッフの方がしてくれました。仕事を続けながら就職活動をしていたので、色々と細かく準備していただけたのは、すごく助かりました。あとは、何と言っても背中を押してくれることです。
 一社目の面接で失敗した後、少しだけ転職を踏みとどまってしまった時期がありました。私自身、経験のある職種への応募だった分、どこかに採用される自信があったんです。それがうまくいかずに、一気に沈み込んでしまいましたね。そんな時、パソナメディカルのスタッフの方に「齋藤さんの条件に見合うお仕事は 他にも ありますので、あと何社かチャレンジしてみませんか」というお言葉をいただきました。結果的にその後押しがあったからこそ、次に挑戦できたのだと思います。
 企業内の健康管理室で働くには、それなりの経験が必要とされます。ですから、派遣というシステムを活用して、短期であってもさまざまな職場で経験を積むのも、ひとつの手ではないかと思います。焦らずにじっくりと自分に一番合った職場を探したほうがいいですよね。また、最新の医療や企業の動向、取り組みを理解しておかなければならないので、セミナーやインターネットを活用して勉強しておくことも大切です。私自身もそうですが、幅広く知識を広げて、あらゆる場面にも柔軟に対応できる人になっておきたいものですね。
My item マイアイテム
万歩計 手帳 腕時計
毎日、身につけて1日1万歩を歩くように心がけています。やはり、歩くのは健康にいいということを自ら実践することで、周りの人にも積極的にすすめています。
面談の時間など仕事関係のスケジュールは、すべてこの手帳で管理しています。ほかの用事も記入しているので、これだけは肌身離さず持ち歩くようにしていますね。
今の職場への就職が決まったとき、家族からお祝いにプレゼントされたものです。この時計は、私にとって何物にも変えがたい宝物になりました。
アソシア通信TOPへ
今すぐのご登録はこちらから
新規スタッフ登録