看護師の転職はパソナメディカルTOP » アソシアカフェ(AssociaCafe) » VOL.14 アソシアカフェ(AssociaCafe)

Associa Cafe2009.4.4Vol.14
看護師として健康な方々が健康でいられるようなアドバイスをしていきたい
【氏名】 山根京子(やまねきょうこ)さん
【資格】 看護師
【前職】 クリニック
【現職】 病院内健診センターでの産休育休代替派遣
【目標】 健診に長く携わって感じるのが、予防医学の大切さです。多くの方が、健診や人間ドックを受ける習慣を持ってもらえるように働きかけていきたいと思っています。そして、健康であることの幸せを感じて頂く為に、サポートすることが目標です。病棟やクリニックでの看護師経験を生かして、生活指導や予防方法などについて、もっと具体的なアドバイスができるように勉強していきたいですね。



アソシア社員の方による細やかな心遣いが、派遣社員として働く良さを知るきっかけに
 私がパソナメディカルに登録したのは、実は10年以上も前のことです。以前、看護師として勤めていた病院で同期だった友人から「こんな派遣会社があるんだけど、登録してみない?」と言われたのがきっかけです。ちょうどその頃、結婚を機に働いていた病院を辞めて、お世話になっていた先生が開業されたクリニックで働いていました。けれども、看護師が私ひとりだった為、仕事量が増えてしまい、さらに家事もこなさなくてはならず…と、大変な日々を過ごしていました。さすがにこれでは体がもたないと感じ、パソナメディカルからお仕事を紹介して頂こうと思い立ったのです。
 初めはできるだけ時間が欲しかったので、単発の仕事から始めました。その中で、健診の仕事も何度か経験し、縁あって現在の健診センターで産休の方の代替派遣として働くことになりました。私がお願いした勤務条件は、仕事と家事を両立させる為に、夜勤がないことと、自分の生活習慣にあった仕事という2つです。私がパソナメディカルに登録した時代は、派遣という存在があまり知られていなかったので、正直なところ、初めは心配でした。派遣される先はどういうところなのか、社員の方からどう思われるのか、など不安でいっぱいでした。けれども、パソナメディカルの社員がこまめにケアをして下さり、おかげですんなりと職場に入ることができました。何よりも就業先との細かいやり取りをし、手間のかかる手続きを事前に済ませて頂けたので、すごく助かりましたね。パソナメディカルで実際に勤務してみて、派遣のイメージがガラリと変わりました。
同じ境遇の人と出会えたのが、何よりも心強いサポート
 派遣で働くメリットは、やはり条件を満たした環境で働けることですね。私にとって大切なのが“時間”です。定時に帰ることができ、通勤時間がかからないなど、時間についてのわがままを聞いて頂けたのは大きかったです。やはり、条件に見合った職場だと余計な心配をせず、仕事に臨めますしね。その反面、仕事を覚えるまで、他のスタッフの方の足手まといになるんじゃないか、負担をかけてしまわないかと、緊張感の連続でした。ただ、私にとって救いだったのが、職場に自分と同じようにパソナメディカルから派遣の方がいたこと。同じ境遇の方がいて下さり、サポートし合えたので、すごく心強かったです。
 登録する際にパソナメディカルの担当者の方との面談があるのですが、本当に会社の面接と同じくらい詳しくお話ができるので、自分の希望している仕事について、しっかり思いを伝えられるのがいいですね。登録した翌週ぐらいに「こんな仕事がありますがどうですか」と電話で連絡頂いて、そんなに早く決まるものなのか驚いた思い出があります。また、仕事が決定した後、実際の現場に伺って今後のことを打ち合わせるのですが、その時にもパソナメディカルの社員の方が、一緒に来て下さったので安心感がありました。さらに思い返してみると、その打合せの際に、現在職場でお世話になっている総婦長さんとお話ができたのもよかったです。実はその総婦長さん、私が働いている現場にいらっしゃる機会が多くて、すごく気にかけて頂けていると感じています。
医療現場へスムーズに復帰する為に派遣の仕事で体と心をならしていく
 現在は、健診や人間ドックの対応をしています。問診と検査の結果を照らし合わせて、どのような点に気をつけていけばいいのかアドバイスをする仕事です。最近は検査を受けられる方もかなり増えてきていますね。それだけ自分の健康に対して、関心を持つ人が増えてきている証拠だと思います。実は高齢の方も多く、どのような健康指導をすれば最良なのかと、いつも考えさせられます。恥ずかしい話ですが、自分が勉強不足だった為、受検者の方のほうが詳しいことがあって…問いただされた時は「勉強しないと!」と気を引き締め直しました。けれど、その出来事によって自分の中での目標が見えてきたような気がします。
 医療の現場からしばらく離れていると、仕事に対して不安を感じてしまうものだと思います。ブランクがあって復帰すると決まった時は、派遣社員として働き始めるのもひとつの方法だと思います。というのは、今どんな状況になっているのかを肌で体感する機会がないと、なかなか勘を取り戻すのが難しいかなと思うからです。まずは、体と気持ちを準備してから、自分に合っている職場を探して、この先もきちんと仕事を続けられるか見極めていくことをおすすめします。復帰したくてもなかなかできない人がいるのは、この勘を取り戻すのが難しいと感じてしまうからだと思います。今後、復帰を躊躇されている方は、ぜひともパソナメディカルを活用してみて下さい。時間的な相談ができるので、きっかけをつかむには最適だと思います。
アソシア通信TOPへ
今すぐのご登録はこちらから
新規スタッフ登録