看護師の転職はパソナメディカルTOP » 福祉業界で働く » 福祉業界で働く「スタッフの声」
福祉業界で働く「スタッフの声」
仕事と家庭が両立できる条件にあった職場でやりがいを見つけた
【氏名】
斑目晴美(まだらめはるみ)さん
【資格】
看護師
【前職】
療養型病棟・整形外科クリニック
【現職】
特別養護老人ホームで看護業務
【目標】
介護士と看護師が協力していく職場を作っていけたらと思っています。現在勤務している介護施設では、介護士と看護師が話し合って、方針を決める環境が整いつつあります。その流れを断ち切らず継続していくのが、今後の課題になると思います。介護士さんとタッグを組んでお仕事してきた経験を、この先も活かして働いていきたいと思います。
偶然出会ったパソナメディカルで条件にあった職場が見つかった

パソナメディカルの存在を知ったのは、看護雑誌の求人欄で新しい職場を探していた時でした。当時、病院で看護師として働いていましたが、違う職種や専門分野にはずっと興味がありましたが、まったく違う仕事をどう探せばいいのか、わかりませんでした。そんな時、ふと手にした雑誌でパソナメディカルを知り、「派遣会社だったら、いろいろなお仕事の情報が得られるかも」と思って登録を決めました パソナメディカルでは、定期的に登録会を開催していて、偶然、休日と日程が合ったので、まずは様子を見てみようと参加しました。そこで求人票を見ていたら、スタッフの方が声をかけてくださったので、思い切って私の条件をお話してみることにしました。すると、「その条件だったら、こんなお仕事がありますよ」と、具体的な求人のご提案くださったんです。現在はその時ご紹介頂いた特別養護老人ホームで看護業務に従事しています。今の職場に移る際も、パソナメディカルのスタッフの方にはいろいろと相談にのって頂きましたね。結婚したこともあって、仕事と家庭が両立できることを重視していたのですが、条件にピッタリ合った職場をご紹介いただけて本当に助かりました。自分の力だけで新しい職場を探すのは限度がありますが、派遣会社であれば、相談もできるし、いろんな可能性が広がるのではないかと思います。それに、自分で探すのとは違って細かい情報を教えてくれますし、難しいことは難しいと助言して頂けます。パソナメディカルのスタッフさんは、親身に話を聞いてくださるし、足りない部分をフォローしてくださったり、アドバイスをくださったりと、私にとっては本当に心強い存在です。

「働きやすさ」を条件に介護施設で就業をスタート

現在の職場への就業を決めたのは、私が一番希望していた「働きやすさ」が叶う職場だと感じたからです。自宅から通いやすく、施設なら今までの経験を生かせるし、介護士さんと協力し合って働けるのではないかという気持ちもありました。
 施設での看護業務は、主に健康管理です。日常生活の身の回りのお世話は、専任の介護士さんがされるので、私は具合が悪くなった利用者さんの状態を判断して受診の介助をしたり、内服薬の管理をしたりと、健康面でのサポートをしています。実は老人ホームで働くようになって、言葉遣いに気をつけるようになりました。私が看護業務を通して接するのは、高齢者の方々です。言葉ひとつで不安になってしまう方、ちょっとしたひと言が気になる方もいらっしゃいます。また、認知症の方には「あれはダメ、これはダメ」言うのではなく、「どうされました?」と話しかけるように気をつけています。もちろん、私より年上の方たちなので、目上の方への配慮という気持ちも忘れないように心がけていますし、どんな場面でも丁寧な言葉と笑顔で、心をこめて対応するのが大切だなと感じています。

介護施設で働き始めて一人一人と向き合う時間が持てた

介護施設では、看護師と介護士が協力し合うことが、とても大切です。看護と介護の両方が存在しないと施設は成り立ちませんし、一方の力が強くなっても、うまくいかないと思っています。ですので、今の職場では密に話し合いながら、今後の方針や方向性を決めるようにしています。例えば、「施設に入居している方が食べやすいのは、どんな料理なのだろう」と、看護と介護の両方から意見を出し合って、お食事の形態を決めたこともあります。介護士さんは、看護師より利用者の方々に近い存在ですから、その方たちの考えや要望をよく理解されています。まれに私たち看護師が、医療面でアドバイスしていく場合に、意見が衝突してしまうこともあります。そのような時にはお互いにきちんと折り合いをつけながら、ひとつの方向性を定め、うまくいかなければまた考える、というようなことをくり返すうち互いに信頼関係が築けるようになりました。  介護施設で働くようになって、病院勤務の頃より一人一人と向き合う時間が作れるようになりました。介護施設は治療が目的ではなく、利用者のみなさんに日々をどう幸せに過ごして頂くかを考え、それをサポートしていくことが大切な役割です。利用者の方々が、どんな生活をしたいのかを、いかに汲み取るのかが大事なんですよね。そう考えると、歌が好きな方がいれば一緒に歌う、お話が好きな方とは楽しくおしゃべりする…そういったメンタル的なケアが何よりも必要だと考えています。一人一人と接して、喜怒哀楽を素直に表現することが、その人たちの幸せな日々につながる。それが介護施設で働くことの魅力のひとつだと感じています。

▲このページのトップへ戻る