看護師の転職はパソナメディカルTOP » アソシアカフェ(AssociaCafe) » VOL.4 アソシアカフェ(AssociaCafe)
Associa Cafe 2004.12Vol.4

 「派遣という働き方」によって見つけられる自分自身の可能性の広がり

【氏名】 田口 智子さん(たぐち もとこ)
【資格】   看護師
【前職】   総合病院
【現職】   単発業務(勤続年数2年)
夜勤、ツアー、訪問入浴、看護学校講師補助、健診
【目標】   将来的には看護師の仕事に戻ると思いますが、様々な現場を知り視野が広がってきたので、病院にとどまらず、あらゆる可能性のなかから選んでいきたいですね。
資格ひとつで、いろいろな体験・経験ができることを知った

看護学校を経て総合病院に就職。仕事のやり甲斐もあり、経済的・社会的にも安定していたので、安心して働くことができました。しかし、様々な経歴をもった人たちと一緒に働くうちに、だんだん自分の可能性や今後の生き方を考えるように…。特に大学を経て看護師になった同僚から大きな刺激を受けていたので、大学で学ぶということに興味津々。迷いはあったものの、総合病院を退職することを決めて、大学(2部)進学を選びます。そして一方では、看護師としての仕事のブランクがあかないように、大学と両立して勤められる病院を探していました。
しかし、現実は厳しいもの。資格は持っている、経験もある。けれど自分が希望する時間に勤められる場所がないという壁にぶつかりました。途方に暮れて求人誌をめくっていると、目に飛び込んできたパソナメディカルの記事。それまでは、「派遣という働き方」があることさえ知らなかったので、すぐ登録会へ飛び込みました!
そこで知ったのは、資格があれば様々な病院で勤めることができて、自分の時間を有効活用できるということ。そして一番の収穫はコーディネーターの方が、なかなか客観視が難しい看護師としての自分の可能性を引き出してくれるということでした。

時間にメリハリをつけることで、余裕のある看護に

時間の都合上、単発のお仕事がメインです。スケジュールは一定しませんが、派遣で働くメリットもあります。それは、自分が持つ資格ひとつで、いろいろな働き方を選ぶことができ、現場で様々なことを学べるということです。実際にいま、看護師としてだけでなく、ヘルパーや講師、日程が合えばツアー(ナース)として働く機会に恵まれています。派遣スタッフとして働くことは、日々の安定感という面で不安に感じる人もいると思います。自分も前職が総合病院勤務(公務員)で、しかも退職後は大学進学という道を選んだため、社会的、経済的な不安は大きなものでした。でもそこで、自分の状況を受け入れ、まわりの期待に応えていくことで、派遣スタッフのメリットを活かせて、様々なチャンスが訪れることも本当です。 ヘルパーとして働きながら看護師の仕事や役割を見つめ直したり、病院それぞれにある良いところを吸収したり…。転職や再就職をしなくても、自分の仕事の在り方を肌で知ることができて、自分なりの方向性もつかめます。また、そこには人との出会いが待っているので、将来を考えるうえでとても役立っています。 なかでも単発のお仕事は、自分なりにシフトを組むことができるという点も魅力。1日は24時間しかありませんので時間のやりくりは重要です。有意義な学生生活を送ること、仕事と大学、プライベートの時間にメリハリをつけた生活を送ることを大切にしています。なぜなら、自分の責任で時間をやりくりするようになってからは、気持ちの切り替えもスムーズになり、結果的にすべてに対して余裕のある心でのぞむことができ、仕事にも真正面から向き合っていると実感できているからなんです。

「しなくてはならない」から「自分にできること」へ意識が変化

「派遣という働き方」を知るまでの自分は、仕事に対して「しなくてはならない」という義務感が真っ先に浮かんできていましたが、いまは働くうえで、「自分に何が求められているのか?自分にできることとは何か?」を、まず最初に考えるようになりました。 派遣とひと言に言っても、そこには多くの人が関わっています。受け入れてくれる派遣先、パソナメディカルの営業、コーディネーター、そして自分たちスタッフと、関わる全ての人たちの希望が合うように、時間を割いて何度も打ち合わせをするなど、尽力してくださっているのが伝わってきます。 派遣、特に単発スタッフという働き方を通じて痛感したことですが、仕事があるというのは「当たり前」なのではなくて、継続した努力と信頼のうえに成り立つもの。まわりに感謝して状況を受け入れながら、様々なことに積極的に取り組んでいきたいですね。

My Item マイアイテム
手作りスケジュール帳
最初の1ページには、1年の目標と好きな言葉を書いて、自分への励みにしています。中のカレンダー部分はケースバイケースで使いやすいように手作りしています。派遣先のシフトや大学の授業によってスケジュールは流動的になりますので、自由度の高い手作りの方が既成のスケジュール帳よりも使い勝手がいいですよ。
腕時計
看護学校時代から愛用している時計です。ちょっとお守りみたいなものかもしれません。
ハンドクリーム
仕事をしていると肌が乾燥して指先があれますので、ハンドクリームは必需品。
アソシア通信TOPへ