肌乾燥の原因にも!「冬型栄養失調」を防ぐ食材

食す!メディカル女子
LINEで送る


冬に見られる栄養不足「冬型栄養失調」。どうにもならない乾燥肌、口内炎、冬太り、冬バテなどは、もしかすると、冬型栄養失調が原因かもしれません。そこで今回は、多忙な看護師のみなさんが、元気に冬を過ごせるよう、冬に食べてほしい食材をピックアップしてみました!

fd5f65dd7862851697f935d5e2c5715f_s
■冬型栄養失調とは?

冬型栄養失調とは、冬に体を温めようと、たくさん栄養を必要としたために起きる栄養失調のことを言います。人の体は、冬の寒さに対抗するために、多くのエネルギーを消費します。この消費量は夏と比較した場合、10%増しともいわれており、普段通りの食事をしていても、栄養不足状態に陥ってしまうおそれがあるのです。もし、ダイエットのためにカロリー制限をしているというのであれば、なおさら気をつけておいたほうがいいかもしれません。中でも、ビタミンB、ビタミンC、鉄分などはとくに不足しがち! 積極的に摂るよう心がけていきましょう。

■冬に不足しがちな栄養1:ビタミンB群

冬型栄養失調として、まず気をつけたいのがビタミンB群の不足です。人は、寒さを感じると、体内では熱をつくりだすために、交感神経を働かせ、ビタミンB1やB6を消費します。また、エネルギーをつくりだす糖、たんぱく質、脂質の代謝にも関与しているため、冬場はビタミンB群の消費量が増える傾向にあるのです。ビタミンB群を多く含む豚肉、豚レバー、牛レバー、うなぎ、マグロ、サバ、アサリなどを摂るよう心がけましょう。鍋料理にするとたくさん食べられるので、寒い時期には、温まる鍋で摂り入れるといいかもしれません。このほか、納豆やきなこなどの大豆製品、ニンニク、焼き海苔などにも多く含まれています。

■冬に不足しがちな栄養2:ビタミンC

ビタミンCもまた、エネルギーをつくりだすのに欠かせないビタミンです。神経伝達物質のひとつであるノルアドレナリンの合成に関与しており、抗酸化作用や体内に入った異物を解毒する作用もあるため、冬にはとくに意識して摂りたい栄養素です。主に、果物や野菜類に多く含まれているため、みかん、キウイフルーツ、イチゴなど、冬が旬の果物を朝食や昼食に摂り入れてみましょう!

■冬に不足しがちな栄養3:鉄分

女性が落ち入りがちな鉄分不足。冬場は、とくにその傾向が強いため注意が必要です。鉄の吸収にはビタミンCが関与しているので、ビタミンCが不足してしまうと、鉄の吸収もおのずと低下してしまいます。鉄とビタミンCはセットで考え、不足しないよう気をつけておきましょう。鉄を補う食材としては、豚や鶏のレバー、はまぐり、卵黄などがおすすめです。また、ココアや抹茶も◎。ココアは、ストレスや疲労にも向いているので、忙しいときには、ココアで一息いれてみましょう。きっと心も体もスッキリできるはずですよ。

5b075488f1947da4a058456457e627d0_sカサカサで、かゆくなるような乾燥。寝ても取れない疲れ。なかなか落ちないお正月太り後の体重……。こういった症状があるのであれば、冬型栄養失調の可能性大です。ご紹介した食材を取り入れて、みなさんも上手に対策してみてくださいね!

 

この記事の監修者:野口あかね
サイト監修者一覧はこちら




LINEで送る

ライター情報:

鈴木 渓子

美容ライター・化粧品の成分を専門とする薬剤師